鼻呼吸プロジェクト、はじまる。

オープン告知は忘れているのに、突如書きたくなったので

書くことにしました。

仕事から逃げているだけ、とも言います。


さて。


「鼻呼吸でパフォーマンスが上がる」

というキャッチーな言葉につられて、

レクチャーを受けることにしました。

わたしにとってパフォーマンスが上がるとは、

お菓子をつくれる量が増えるとか効率が上がるとか、

体力がつくとか病気をしにくくなるとか、

痩せるとかきれいになるとか、

イライラしないとか、接客が上手になるとか。

これらすべてを鼻呼吸に期待したわけです。どんだけ!

.

レクチャー予約日から3週間ほど前、

当日まではあまり調べたりしないで

素直な心で話を聞こうと思い

(そのせいで妄想は広がったわけだけれど)、

とりあえず、鼻呼吸の練習にともらったのが

なんと口をふさぐテープでした。

テープで口を閉じて寝る。以上。

なんというシンプルでプリミティブな。

てか、息苦しくないの?目が覚めない?

いや、むしろ永遠の眠りについちゃわない??

.

おそるおそる試してみたら、

意外や意外、すんなり眠れました。

いままで口呼吸のせいでのどが痛みやすかったのだけれど

なんとなくのどの奥がしっとりしているような。。。

ただ何日かトライしたある朝、

息ができなーい!ととび起きたことがあり、

それ以来、ちょっぴり腰が引けておりました。

.

それで、

よし、まずはレクチャーを聞こうと臨んだのであります。

鼻呼吸への期待はムダに膨らみます。

つづきは、またこんど。

最新記事

すべて表示

気まぐれオープンをして思うのは、 いつオープンするか分からないというのを おもしろがってくださるお客さんがけっこう多くて、 ありがたいなーということ。 以前から、いつやってるか分からない!と お怒り気味のお客さんがたまにいらっしゃったので、 どきどきしながら始めたのですが、 みなさんニコニコと出合えてうれしいと言ってくださる。 ありがたやー。 お客さまは神様ですね、ほんと。 行列ができないぶん、わ

こんなときに楽しいニュースというのはむずかしいもので、それを届けてくれる人に、心から感謝。というか、尊敬。 四月の初旬、まさに緊急事態宣言出るかもというタイミングにもかかわらず、元気ですかー!と明るいテレビ会議が始まる。 どこの星からかけてきてるんだろう、と思うくらいにポジティブでアグレッシブで、いつだって先を見据えている人。 あたらしいオフィスが夏くらいにできあがるんだけど、そこにキッチンつくる

少し前の石井ゆかりさんの言葉。 物質的な世界、フィジカルな私たち。 見えないものを怖がりながらも、心は「見えるもの」にとことん支配されている。 そして「見えるもの」は、立場により人により、大きく違う。 この週末、おっかなびっくりスーパーに買い出しに行く途中、 公園で花見をして記念写真を撮る人たちやピクニックする人たちをたくさん見かけました。 わたしが見ている、とらえている世界とぜんぜん違うことに驚