プラリネプラリヌ



気まぐれに、クッキーのレシピを。

どこにでもあるレシピかもしれないけど、これがやまねフランスの「基本のき」です。

プラリネを入れるとほろ苦くて大人な味わいに。基本のサブレだけでもじゅうぶん幸せ。

プラリネだけでなく、チーズとか、チョコチップとか、お砂糖を変えてみるとか。

アレンジするほどたのしい。

ちなみに、レシピについてのお問い合わせはキリがなくなっちゃうので、受け付けまへん。


プラリネ サブレ

*材料(30枚くらい)*

基本のサブレ

 無塩バター 120g

 塩 ひとつまみ

 砂糖 60g

 卵黄 1コ

 小麦粉 180g


プラリネ(ナッツはなんでもいいのです。お好みで。とにかく砂糖と同量。)

 くるみ 20g

 アーモンド 20g

(スライスならそのまま、粒ならタテに4等分して)

 砂糖 40g


*つくりかた*

準備:プラリネを入れる場合は先につくっておく(つくりかたは最後に)。

プラリネが冷めたらフードプロセッサーにかけて好みの大きさに砕いておく。


常温に戻したバターをホイップして、砂糖・塩を加えさらに混ぜる。

卵黄を入れて混ぜる。

小麦粉をふるいにかけてから加え、粉っぽさがなくなるまでゴムベラで混ぜる。

混ぜすぎないのがポイント

(プラリネを入れる場合はある程度粉っぽさがなくなってからここで混ぜこむ)。

ラップで平たくまとめて冷蔵庫で2〜3時間くらい冷やす。

お好みで5〜8ミリ厚にのばす。好きな型で抜いて、170℃のオーブンで18〜20分焼く。

できあがり。かんたんだー。


*プラリネのつくりかた*

くるみとアーモンドを160℃のオーブンで10分ローストする。

フライパンに砂糖を敷き、濡らした手でパッパと水をかける(ちょっとでいいです)。

強めの中火にかけて、周りの砂糖が溶け出してうすく色づいてきたら、フライパンをゆする。

全体的に濃い茶色になったら火からおろしてくるみとアーモンドを加えカラメルと和える。

熱いうちにオーブンシートにうすく広げる。

一見、面倒くさそうだけど、やってみるとかんたんおいしい。

プラリネは砕かずそのまま食べてもそれだけでお菓子になるし、アイスクリームにちらしてもサイコーです。

最新記事

すべて表示

*6月のやまねフランス*

国による縛りがつづくというのもあるけど 実はこのやり方が気にいってきているので、 とりあえず6月は、引きつづき 神出鬼没な気まぐれオープンにします。 お客さんをお待たせしないし、なによりわたしの気持ちがラク。 自分優先ですみません。 よろぴこ。 先日、お客さんに最近ぼやきがなくて淋しいですと言われました。 お知らせすることもないので ついでにぼやくこともなかったのですが、 日々のあれこれをここでつ

*オープン日変更のお知らせ*

緊急事態宣言の発令にともない、 やまねフランスはオープン日時をお知らせしない 神出鬼没営業をはじめます。 なんじゃそら。 正確にはゲリラ営業ってことなんだと思うけど 言葉が悪いじゃない。 神出かもしれないけど、売り切れるまでやるので 鬼没ではない。 たまたま通りかかったら開いてたわ的な 楽しみ方をしていただければ幸いです。 期間はとりあえず4/26~5/11。 お会いできるのを楽しみにしております

*今日のやまねフランス*

心がささくれるようなことがあっても お菓子をつくりはじめたらぜんぶ吹き飛ぶしあわせよ。 唐突に思い出して、 そのギャップにえぐられることもしばしなんだけど笑 今日はたっぷり焼きました。 お待ちしております。 本日のラインアップをどうぞ。 *ボンジュールマフィン4種* デコポンとホワイトチョコレート いちごとピスタチオ いちじくとゴルゴンゾーラチーズ バナナと波照間島の黒糖クランブル *ウィークエン